LINE WORKSと大きなLINEの違い

こんにちは。
LINEとLINE WORKS(以下WORKS)の違いって色々あるんですが、僕が思っている大きな違いはWORKSはマルチデバイスってことです。
そうなんです。
WORKSはIDとパスワードでログインできるので端末や電話番号に依存しないんです。
要するに、会社のスマホでも個人のスマホでもiPadでも簡単にログインできるってことです。
そういう意味では結構自由度が高いんですよね。
半面、会社の管理者の元での利用が大前提ですので、会社の意向やルールがあればそれに準ずる必要はあります。

また管理者からは利用者がどのデバイスからいつアクセスしたかをモニタリングできる仕組みにはなっていますので無法地帯になることもありません。

ということで僕は会社のケータイだけじゃなくて個人のiPad、個人のスマホ、会社のPCでスタンバイしてまして、ついでに言うと個人のスマホと連携しているGalaxyFit2でも通知がわかるようになってます(笑)

マルチデバイスにしていると結構通知のタイムラグが気になります。
同時に通知されることはほぼなくて、かえるの合唱ほどの輪唱にもなりません。
だいたいPCは一番早い気がします。意外と会社のスマホが遅いような感じで、2~3分ズレることもありますってあかんやーん!

だいぶ話が脱線しました。
元に戻しまして、マルチデバイスってすごくフットワークの軽い営業マンって感じで便利ですよ。
一度試してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA