「オフィスリンク」導入事例(スマホ内線化)

導入事例:スマホの内線化で2台持ちから1台へ

<職種>建築業(リフォーム工事)

<課題>

・取引先からの電話を迅速に取次したい。
・携帯電話と内線PHSの2台持ちしている状態。外出社員のケータイへの通信料を削減したい。
・人事異動等でレイアウト変更の度、電話工事が発生するのを防ぎたい。

<改善策>

・社外にいても内線・会社番号で発信とケータイで利用可能にして業務効率化をはかる。
・ドコモのケータイエリアであれば、どこにいても内線利用可能。また、専用アンテナ増設工事も不要の為、PHS維持コストの削減が期待できる。
・固定電話をケータイに置きかえることで、固定電話の設備費用とレイアウント変更に伴う配線工事費の削減ができる。

導入後の感想

今まで取引先からの電話を取り次ぐ際は、担当者が不在の場合は先方に折り返しの案内し、担当者に要件を電話・メールで伝えるという手間が発生していた。
さらに、「担当者が電話に出ない」や、「メールを見たか判らない」等があり、電話対応従業員も何度か連絡したりと手間がかかっていた。

営業部については固定電話を1台とし、営業にはスマートフォンを貸与。
外出先でも取引先からの電話対応可能となった為、折り返しの電話が減り対応が早くなった為、取引先からも好評をいただいている。

事務所で内線を取るために電話機のある場所まで行く必要がなくなった。またスケジュールもスマートフォンで確認できるため、日程調整がとてもスムーズになった。
さらにデスク配線がなくなり、事務所もすっきりした。