「WowTalk」導入事例(ビジネスチャット)

導入事例:安全かつ迅速円滑に連絡・情報共有が可能に

<職種>製造業(全業種に対応)
<課題>

・セキュリティ面でLINEを使用したくない
・事務員から営業マンへの連絡をスムーズ、手間を省きたい
・全社員への連絡や通知を改善したい
・BCP対策を導入したい

<改善策>

・限られたメンバーのみでチャット実施の為、セキュリティが安心
・今までは事務員から、外出先社員に入電連絡や伝言を電話でしていて、時間が割かれたり業務が止まっていたが、ビジネスチャット活用でPCからメッセージを送信で完了。あとは、メッセージが既読になれば終了。
・チャット機能の為、PCからでもスマホからでも迅速で通知や共有が可能になった。
・災害が多い為、安否確認を導入しようか検討していたが、利用頻度が少ないので費用はかけれない。しかし、ビジネスチャットで安否確認がすばやく可能になる。自動配信機能が搭載されたビジネスチャットもある。

導入後の感想

会社としては、以前までメールと電話のみの連絡手段であったが、ビジネスチャットでリアルタイムでスピーディーな情報を送れるようになった。さらに、限られたメンバー(社員のみ)の為、社内情報も安全に配信可能。

事務員もお客様から、営業マン宛ての取次電話も、メッセージで「●●会社から入電あり、折電お願いします」を送信するだけ。営業マンに2回、3回と電話しなくてよくなり業務効率化になった。

さらに、昨今の自然災害に備えて社内の安否確認のツールとしても活用が出来る。普段から利用しているツールだからこそ、いざという時でもすぐに利用出来る点が一番よい。

今では、テレワークの際も細かな連絡などにも活用しているので、まさに新しい働き方を実現するツールである。