告白します。
実は私の愛用のiPadPro、ずぅ~っと画面キャプチャーができないまま1年以上放置してたんです。
いくら調べても原因が特定できず、売る側でありながら諦めて放置してました(苦笑)

それが1年越しで解決したので書いておきたいと思います!
そもそも諦めるに至った理由としては、常に最新のOSを試したくてβ版をインストールしてるので、その中で何かおかしくなったんだろうという結論にしてました。
そうはいいながら、スクショができるとできないでは業務効率上雲泥の差です。
ですので何か解決策につながる情報はないかと思って、思い出したときにググッてたんですが、先日とうとう答えに到達できました。

原因はプロファイルでした。
設定→一般→プロファイル…とたどると”構成プロファイル”がいくつか入ってると思います。
私の場合は…

ここにもうひとつ”smeeting”というWEB会議システムのプロファイルが入ってました。
web会議システムの中にはセキュリティ対策としてデータ共有はWEBのみでダウンロードできないものがあります。
smeetingはセキュリティ対策として画面キャプチャーすら制限する仕組みになっていたようで、それがそのアプリだけじゃなく端末全体に制限をかけるもの影響を及ぼしていたようです。

ということで、そのプロファイルを削除するとあっさりと元通り”電源+ホームボタン”でスクショできるようになりました。
発生頻度的にはレアケースかもしれませんが、レアケースだけに参考になればと思います。