これからは業務用スマートフォンにしたほうが良い理由

業務用スマートフォンのメリット

社内では法人携帯を導入する会社が増えている昨今、スマートフォンの普及に合わせてスマートフォンを導入すべきだという声が上がっている会社もあることでしょう。激安スマートフォンがあるほど、世間的にメジャー化してきてはいますが、実際スマートフォンにするメリットはどこにあるのでしょうか?

それはやはりその多機能さにあります。営業などで外回りなどが必要となる部署の場合、調べたいものがあったとしても従来の携帯では限界があります。その点スマートフォンはネットサーフィンができる環境が万全なので、いつでもサッと開いてすぐ調べることができます。無知な状態で顧客を接するのはあってはならないことですし、営業マンの信頼にも関わる問題となってきますので、営業社員にはあったら重宝する機能と言えるでしょう。

また、客先に出向く際に道に迷って商談時間に遅れてしまっては失礼になります。スマートフォンの地図アプリでGPSを活用しながら道順をチェックすることも簡単にできますので、こちらも大きなメリットだと思います。また、社内独自のソフトやアプリを開発されている所は特にスマートフォンが必要でしょう。社内ソフトをアプリで利用できるようにすれば、いつでもどこでもアプリを開き社内システム利用も可能になります。今では電話料金がかからない通話アプリもありますから、通話料の面においても経費削減にもつながるのではないでしょうか。メールも送受信が可能なので、顧客を待たせることなく連絡を取り合うことができます。

社員の不正利用もしっかり管理

逆にスマートフォンでは色々なことができてしまいすぎて、社員のおもちゃになってしまわないかというご意見もあるかと思いますが、業務利用を想定したスマートフォン管理アプリも多く登場してきていますので、大抵の機能に制限がかけられますので、十分対策ができます。使用履歴を管理することも可能です。またPC版と同メーカーが監修するセキュリティ対策アプリケーションもありますので、ウイルス対策などもしっかり行うことが出来ます。

しっかり管理をしながら業務効率化を

いわば、スマートフォンとは小さな小型のノートパソコンと同じようなことです。あればとても便利で仕事も効率的に進めることができます。しかしその分懸念点があるのは事実なので、それに合わせて制限や管理機能を搭載させるなど対策も行う必要があります。幸い多機能なのでその分、対策も幅広く存在します。仕事の効率アップを考えるのならば、法人携帯としてスマートフォン導入をお勧めいたします。

Follow me!