2020年も残すところ数日です。
われわれの営業は実質今日までで、明日は朝から事務所の大掃除をしてお昼から年末年始のお休みに入ることになっております。
今年は口を開けば”コロナ”で、そのまま暮れていきそうです。
医療関係者の方々の中には正月返上で従事される方も少なからずいらっしゃると思います。
お仕事とはいえ、本当にご苦労様です。

それにしてもこの1年は多くのトピックスがありました。
また我々の関係する通信の業界においても大きな転換期を迎えております。
日本は生産が低いと言われてますが、コロナの影響によるテレワークの普及や政府主導によるケータイ料金の引き下げなども、結果的には業界再編や労働力をシフトさせる一因につながっていくんでしょうね。
20年ほど前、携帯電話が3G(ドコモではFOMA)になり、ROMからSIMカードに番号情報が書き込まれるようになった時には、「個人が自由にいろんな通信機器に自分でSIMカードを差し替えて使う時代がきて、仕事がなくなるんでは!!」って思ったことが思い出されたんですが、来年は本物の激震・激動の1年となりそうです。

ピンチはチャンスっていう言葉もあります。
生き残れるのは変化に対応できるもの…っていう言葉もあります。
来年も”いい年だった”と言えるように邁進してまいります!

良いお年を!