リハビリ室にネットワークカメラを設置。診察室から様子を見守れて、いつも安心

導入事例:病院

リハビリ室にネットワークカメラを設置。モニタで診察室から様子を見守ることができて、いつも安心

職種

整形外科病院

困っていた事

現在、リハビリ室に設置しているカメラは、インターホン式のもの。
ボタンを押さないとカメラ映像が映らないし、数十秒で消えるタイプのものなので、手間がかかり不便である。
業務効率化と完全管理のためにも、常時見れるタイプのカメラにしたい。

提案内容

はじめに、「アナログタイプ」のカメラをご提案。
カメラの性能が良く、フリーズの危険も低いので安心して使用できるのは良いが、電源が別に必要になるなどの不都合があったので、「ネットワークタイプ」のカメラを再提案。
Hubからカメラに電力が供給されるので、電源がない場所でも取り付け可能であること、低コストで設置できるという理由で「ネットワークカメラ」を導入することに決定。

導入機種

◆ネットワークカメラ×2台
◆ディスプレイ(19インチ)×1台
◆小型PC(お客様手配)
◆POE-HUB×1台

■施工後画像■

今後について

インターフォンタイプのカメラが院内に4台残っているので、その分をネットワークカメラに切り替えるように提案する予定。