スマホのコミュニケーションアプリで情報をタイムリーに。サイネージ(電光掲示板)導入で業務を見える化に。

導入事例:医薬品製造業

スマホのコミュニケーションアプリで情報をタイムリーに。 サイネージ(電光掲示板)導入で業務を見える化に。

職種

医薬品製造業

困っていた事

その1:工場従業員の勤怠について
突然の休暇や遅刻の連絡を従業員のLINEグループ内で行われており、 実態が把握できない状態である。 また、重要な連絡をタイムリーにしたいが、何か良い方法はないか?

その2:作業工程、業務連絡の見える化
当日の受注状況や作業工程、業務連絡などを朝礼時に口頭で伝えているが、従業員全員が把握しているか不明。 見える化することにより、常に状況を確認、情報を共有したい。

提案内容

①法人貸与スマートフォンと従業員の個人スマホでLINEに似たサービス「Linkit」により会社内限定で利用可能。 操作もLINEと変わらない為、抵抗感はない。 法人名義でスマートフォンを全社員に貸与は不可能だが、個人スマートフォンも 利用できるため、会社としてはコストもランニング費用のみ。

②駅校内やショッピングモールでよく見かける電子掲示板のようなシステムの活用。 業者に依頼することなく、自社のエクセルやパワーポイント等で簡単に作成可能。 さらに来客への広告にも活用できる。

導入機種・サービス

Linkitイメージ◆ドコモビジネスプラス 「Linkit」
◆オフィスサイネージ 42型ディスプレイセット

今後について

オフィスだけでなく、LAN配線で工場内部にもサイネージを設置し、どの部署からも情報を共有できるようにする。また工場見学のお客様に製品の説明ツールに利用したい。